LOG IN

ガーナ産ヤシ殻チップ(バイオマス燃料)を手に入れる

by ブラックコーヒー

 ガーナ産の燃料用ヤシ殻チップ。正確にはPalm Kernell Shellというらしい。パームオイルを絞った後の殻なので油分を含む。これをバイオマス発電の燃料に使うというわけで、いま日本にはマレーシアとインドネシアから入ってきているらしい。今回のパームチップはアフリカのガーナ産。見本を手にしたがきれいに洗浄されているのでそのまま燃やして問題ない状態。水分含有量など細かなデータはこれからもらえることになっています。インド系の企業でニュージーランドに本社を置く会社。お会いしたのは女性社長。絆が強いインド系の企業なので安定供給は問題ないということを確認しました。

 再生可能エネルギーとして太陽光発電とともに注目を集めたのがバイオマス発電。木材チップやペレットや生ごみペレットを使うバイオマス発電は化石燃料(固定された二酸化炭素)の排出ではなく地上にあるモノを燃料とするので二酸化炭素排出量はゼロすなわち地上の植物の光合成と海の吸収で酸素と植物の体を作る炭素に戻るので循環型の再生可能なエネルギーというわけです。私はどうもそのあたりがいま一つ頭では理解しますが腑に落ちません。バイオマス発電に関わる以上この喉のつかえをとらなければなりませんが、宿題としておきます。
昨年までバイオマス発電は国の助成がでる事業で一大ブームとなっていました。その時に燃料となるバイオマスは計画では地域で荒れた山から生産されるという一石二鳥の計画ですが、実際にはすぐに枯渇するだろうという予想があります。その時にやはり海外から木材チップなどの再生燃料を輸入しなければならないことになりそうです。
私たちの計画ではバイオマス発電を使って大学などの研究機関が使う電力を作ることを目指しています。
国内では千葉商科大学が太陽光発電所を作り100%電力供給を目指しています。
千葉商科大学プレスリリース
日本初の自然エネルギー100%大学へ プレスリリースhttp://www.cuc.ac.jp/news/2017/i8qio0000002veox.html

私たちが注目しているのは株式会社GPEの下のプラントです。
木質バイオマスガス化発電 | 株式会社GPE
  http://gpe.co.jp/biomass.html

- [国際]バイオマス発電展 - バイオマス発電に関連する装置・技術、サービスが出展 http://www.bm-expo.jp/


ブラックコーヒー
OTHER SNAPS